【悩む】人生の目的は存在しない【経験】

Life

漠然とした不安に襲われて、眠れない日もある。苦しいことが多く、喜びも少ない。なんのために生きているのかわからなくなる。自分なりの人生の目的を考えました。

【結論】人生の目的は存在せず、自ら設定する必要がある。

「人生の目的」を見つけられず

僕は現在、見つけることができていません。そして身もフタもない話ですが、定められたモノは存在しないせず、自分で設定して生きることが良いようです。目標を定めて、目標を目指して突き進むもいい。お金持ちになる。社長になる。有名になる。なんでもいいです。また、生きることで精いっぱいだという人は、ただ毎日嵐が過ぎ去るように耐えて生きるのもいいです。

ただ、目的も目標を恐らく日々の変化を受けて、変わっていくものです。時に世の中には理不尽な出来事が生じる瞬間があります。その理不尽に対抗できなければ、現在たどっていた目的への道を維持することが困難になります。そうなってしまった場合、自分の目的を軌道修正かけるほうが労力が少ないと思います。

成功している人も人生の目的に悩む

僕の尊敬する五木寛之先生も「人生の目的」のなかで目的を見いだせなかったことを告白しています。僕からみたら、素晴らしい文章を書くお方であっても悩む瞬間、脱力してしまう瞬間があるようです。

“万人共通の”人生の目的などない|人生の目的|五木寛之
辛いことや苦しいことがあっても私たちは生き続ける。人生に目的はあるのか。あるとしたらそれは何か――。20年の時を経て名著『人生の目的』が新書版に再編集され復刊。いまの時代に再び響く予言的メッセージ。 *   *   * 人生に目的はあるのか 人生に目的はあるのか。 私は、ないと思う。何十年も考えつづけてきた末(...

またTEDトークで「ティール組織」著者ラルー氏も「人生の目的は見つけるものじゃない」、「本当にすべきことか、しなくてもいいことかは、身体が決めてくれます。」と述べてます。頭で考えてもわからないのでしょうか。

人生の目的は見つけるものじゃない。いま、やるべきことにベストを尽くすだけ──ティール組織 著者の天職との出会い方 | サイボウズ式
「自分の人生の目的はなんだろう?」生きていくうえで、自らにこのような問いかけをする人は多いのではないでしょうか。 新しい組織のあり方について提唱し、大きな話題を呼んだ『ティール組織』著者のフレデリ…

適当に生きてしまった自分に、何かを見つけることができるでしょうか。もし見つけられても、迷わず、目標に向かって邁進することができるでしょうか。変に目標を意識してしまって、楽しく毎日を送ることができるでしょうか。

今後の行動指針

現在の目標は「最期まで楽しく暮らす」ことです。「最期」は死ぬまでのことを示してます。「楽しく暮らす」は楽しい時間を増やすことを意味しています。こんな僕でも、楽しい時間は存在します。しかし、それだけで暮らしていけるわけではありません。

僕は仕事で悩んでおり、苦痛な時間を多く過ごしていることや、楽しみに使えるお金と時間が少なく、楽しい時間が少ないという問題があります。その問題を解決し、「最期まで楽しく暮らす」を実現するために必要な考え方を練るため、ブログを書いております。このブログでは「最期まで楽しく暮らす」ための気づきを記していきたいと考えてます。

今は、「人生の目的」という大きな大義はなくてもいい。糧を得るための仕事の苦痛を極力減らすこと、楽しい時間を得るための労力を最小にすること、そして「楽しく暮らす」を最大化できるように行動していきたいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Life
エボルグライフ evolve life

コメント

タイトルとURLをコピーしました