【朝散歩】心を穏やかにするために、散歩をする【セロトニン】

Life

心を休ませる方法はいくつかあると思うが、僕にとって散歩は簡単で重要な方法である。科学的な根拠はありませんが、お金も時間もかからないので、最近疲れたなと思う人は試していただきたい。

こんな状況の人におすすめ

・普段から頭がすっきりしない人

・スマホやPCなどの使用時間が長い人

こんな効果を実感

・頭の中が整理されて、頭の中のごみが減った感じがする。

・自分なりの癒しスポットを見つけられれば、毎日癒される。

散歩をすることで、得られる効能

散歩をすることで、健康になるという研究がある。うつ病の発生率を抑えるなどの効用もあるとされている。メンタルが弱い僕にはうってつけである。コロナで在宅勤務時の運動不足の解消で始めたが、意外な効果である。結果、雨が降らない日は朝、夜、散歩をしている。散歩すると気持ちがいいからだ。そして、今も続けている。

散歩を続けることで、実感したこと

散歩を続けたことで実感したことがある。散歩中は客観的に自分のことを見ることができる。自分の心の状態や、体の状態を把握しやすいのだ。また、ひとりで歩いているだけななので、悩んだり、怒ったりしても、エネルギーの無駄である。そのエネルギーの無駄にふと気がつく瞬間がある。気がつけたときは、頭がぐちゃぐちゃになっていても、すっきりすることができる。

ただ、いつもうまくいくとは限らない。悩んだり、怒りを忘れられないこともあるけど、それでもよい。そういう時は、「僕はとても疲れている」と認識する。そんなときは根本的な休息が必要なのだと考えるようになりました。

朝の散歩では、「今日はこんなことやろうかな」とか、「仕事が憂鬱だ」と思うが、エネルギーを温存しようとして、何も考えないように意識しています。また単純に太陽の光を浴びると元気になる気がします。普段、PCの前で仕事をする僕には「太陽の光は大事」と実感しました。

夜、人がいない中を散歩すると自由を感じる。こんなに人やモノがあふれる世界で、静かな瞬間があるのだと実感する。そしてその静寂を僕は夜の散歩が好きです。

散歩を続けるうえで、効果を出すコツ

1日30分程度歩く。ある程度長く歩かないと、頭の中が「お仕事モード」、「お休みモード」などのモードが切り替わらないからである。

そして、気ままに歩くこと。楽しんで歩くように意識すること。散歩をしていても、嫌なことを考えていたら、意味がない。理想は何も考えない。頭に思考を走らせない。僕の場合は、疲れてるときほど頭の中、誰かと会話や喧嘩をするように言葉がうごめいている。その頭の中の言葉を止める。具体的には、考えをイメージに変える。もしくは目の前の感覚に意識を向ける。特に静かな場所を歩いて、聴覚に意識を向けると心地よい。

うまくいかなくても気にしないこと。そういう日もあると受け入れる。また毎日歩くことで、体調の変化に気づく。散歩をしているときは、実は退屈で心、体のセンサーは何かを探しに行く。そのセンサーを効かないように歩くのは結構難しいし、効かないようにしていると内面の状態に注力するため、日々に変化があるとわかる。

好きな場所によること。僕の場合は、近所の神社である。静かで自然に囲まれていて、そこにいるだけで心が癒される気分になる。

今後

散歩をお金がかからず良い趣味だと考えます。「心を穏やかにしたい」という願いを持つ僕にはぴったりの趣味です。最近は、朝出勤時間を遅らせてまで、散歩の時間を確保している。そのおかげか、以前の自分よりも、生き生きと生活できていると思う。

毎日でなくていい。無理のない範囲で続けたい。散歩の時間を増やすことで、心が穏やかな時間を増やしたい。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Life
エボルグライフ evolve life

コメント

タイトルとURLをコピーしました